What's Chemical ecology?


「化学生態学」とは生物間相互に作用する化学因子に注目して、そのメカニズムを解析する研究領域です。
植物が産生する有毒物質とそれを解毒・克服する昆虫の対抗適応、微量で昆虫の行動をコントロールするフェロモンやホルモン。様々な生理活性物質を分析・合成・生物試験することで、生き物たちの多彩な戦略を解き明かしていきます。
"Chemical Ecology" is the study that reveals ecological systems focusing on chemicals involved in the interactions of living organisms. For example, there are plant toxic metabolites synthesized as defense substances, and some insects have developed digestion/detoxification system against them. Also there are known pheromones and hormones which can control insects at a very low dose. We analyze, synthesize, and test such physiologically acitive compounds to figure out diverse interactions and adaptive strategies between living organisms.

詳細は左の [Research projects] メニューから ご覧下さい。
現在進行中のプロジェクトは左のメニューからご覧になれます。これまでの当研究室のプロジェクトについては、上の業績 [Publications] リストをご参照下さい。
Current projects are listed in Research projects (left column) and other projects are in Publication page (click on the link above).


Updates and news

2017/05/11
2017年度情報更新NEW・・・GWに帰ってきた卒業生に指摘されるまで忘れてました。
2016/11/22
Website刷新・・・・・・内容に間違いがあればご指摘下さい。